コロナ禍だからこそアフターコロナを!

Pocket

2021年7月、今安定して最も売り上げ伸ばしているのはEC業界と言っても過言ではないでしょう。

非接触を意識し購入者が安心して商品をお手元に!

そのためあらゆる業界がEC業界に参入しています。

今までは参入業界としては食品業界や、アパレル業界、さらには日用雑貨など様々なジャンルの商品を保持している販売者の方がネットショップに出店をされていました。

しかしながら今日では様々な形態により、サブスクリプションなども含めて、ネットショップと言う観点だけではなく、1つの大きなウェブ事業として拡大が進んでいます。

商品を販売するだけでなく、スキルの販売や代行請負等、様々な形でウェブサイトが構築されて進化が進んでいます。

今までのように簡単な形で販売するだけでは出展出品したとしてもなかなか商品が売れていきません。

1つの手段として集客するためにはモール出店などを計画し考えて出店される方も多数おられますが、弊社もこの形で出店いたしております。

正直なところ売上高は上がりますが、利益率を最終的に経営者として求められたときに、モール出店が1つの柱にはなりますが、それだけでは先行きが不安な状況になっているのも現実です。

自社のECサイト等の構築を含めさらにはどのようにして販売するかなどの販売促進を計画し、有効なウェブ広告を活用して運用し、さらにはクオリティーの高い水準でのページ制作等を行って行かないと、実際に作られたページも、顧客確保にはほど遠くなります。

リアル店舗でも同様のことが言えますが、顧客確保のために、新しい施策を考え構築し実践するためには、今まで以上に迅速なPDCAサイクルを進めていかなければなりません。

そのような売り上げ向上や販売促進につながるような施策を常に考え続けなきゃなければいけないのも現実です。

1つ世の中の流れとして皆さんにお伝えできるユーザアプローチのための意識としては、

●顧客アプローチのための、リアル店舗・ECサイト共通の必要優先順

【●テキスト(文字)→●画像(写真・加工)→●動画(YouTube等)】

上記は左から順に右に行くにつれてユーザの関心度が高い項目になります。

言い換えれば右から興味の高い項目となります。

しかしこの3つの項目全てが大切で一つ一つ全てを有効活用しないと販売にはつながりません。

飲食店さんだけではなく、小売店などでもリアル店舗でもECサイトでも、お客様に商品を販売する業種の方には、特に有効なアプローチのための優先度の高い物は何か?という意識を持っていただければ、自ずと何が今アフターコロナに必要なのかが見えてくると思います。